嫁に内緒 お金を借りる

お金が足らない時は…

僕が嫁に秘密にしている事・・・それは、嫁に内緒でお金を借りている事です。
仕事をしていると、付き合いなどで色々とお金がかかる事も多いですよね。食事に行ったり、飲みに行くことも結構あります。

嫁に内緒でお金を借りたい

 

時にはスナックやキャバクラなど夜のお店に行くなんて事も。すると当然ながら手持ち金だけでは足らなくなってしまいます。
只でさえ毎月の小遣いが少ないですからね(*_*)

 

嫁に、「キャバクラ行くからお金頂戴」何て絶対に言えないし。。。

 

そこで利用しているのが、カードローンなんです。お金が無くて困った時はカードローンでお金を借りてやりくりするようにしています。

 

でも、カードローンでお金を借りたら嫁にばれてしまうのではないか?そう思っている方多いんではないですか?

 

まぁ僕も最初はそう思っていて、かなりビビッていたんですが、嫁に内緒でお金を借りる方法があるんです。

 

嫁に内緒でお金を借りる方法

 

まず一番重要な事は、どこのカードローン業者を利用するかです。カードローン業者によっては、自宅に連絡が入る場合もあります。そうなったら妻にばれてしまう可能性大ですよね。

 

自宅に連絡、書類などの郵送物が無いローン業者を選ぶようにしないといけません。

 

どこのローン会社がいいのか?

僕が実際利用してみて、嫁にばれずに借りれたのが、アコム・プロミス・レイクのカードローンでした。

アコム    プロミス    レイク
3社とも大手の金融業者で有名ですよね。

 

利用方法としては、ネット上から申込みするのがお勧めです。今では携帯やスマホからでも申込み出来るので、外出先でも簡単に出来ますよ(^^)/家では申込みしづらい状況もありますしね。

 

名前や住所・勤務先の情報などを入力するだけなので簡単です。身分証として免許証などの写しが必要になるんですが、携帯のカメラで撮影してメールで送ればOKです。わざわざ郵送する必要もないので便利ですよ。

 

連絡先は携帯に

重要なポイントとして、連絡先は携帯電話にしておくのがいいですよ。基本的に自宅に電話がかかってくることはないと思うんですが、万が一を考えて連絡先は携帯電話にしておけば安全です。

 

申込み後は審査結果の連絡を待つだけです。早ければ30分で審査回答をもらえる場合もあるので、急ぎの時でも安心ですね。

 

無事審査に通れば、ローンカードを使ってお金を借りるだけです。基本的にローンカードは審査後に郵送で自宅に届けられるんですが、自宅に届くのはマズイですよね。。。

 

無人契約機の利用

ローンカードの受け取りは、無人契約機を利用するようにしましょう。アコム・プロミス・レイクには無人契約機があるので、申込み後にローンカードを受け取りに行けば、自宅への郵送もなく済みますよ。

 

ローンカード受け取り後は、無人契約機でそのまま利用する事も出来ますし、コンビニのATMなどでも借り入れする事が可能となりますよ。もちろん返済の時も同じです。

 

これなら嫁さんにも内緒で借りる事が出来ますね(*^^)v

 

≫アコム公式サイトへ

 

≫プロミス公式サイトへ

 

≫レイク公式サイトへ

 

 


3社とも、初めて利用する方は無利息期間サービスを設けているのでお得ですよ(^^)/

 

 

妻に内緒でお金を借りてます。

僕は車の営業をしているサラリーマンです。営業成績は中の下。決して仕事が出来る方…ではないですね。当然ながら給料も少ないです(*_*)

 

仕事から帰ると、妻に「お金が無い、もっと稼いできて!」と言われる毎日。もちろん毎月貰える小遣いも少なくて困ってます。。。
財布の中身は、多くて数千円の日々。大の大人が本当に情けないですよね。

 

社会人なので、仕事終わり食事や飲みに誘われる事もあるんですが、お金が無いからと断る自分が本当に嫌です。仕事上、付き合いも大事にしないといけないのに。。。

 

しかし、そんな事を妻に言ったところでお金は絶対にくれません(泣)
そこで、毎回毎回誘いを断り続けるわけにはいかないので、たまにお金を借りて参加する事があります。もちろん妻には内緒です。

 

最近はスマホから簡単に申込み出来て、必要な時にすぐ借りる事が出来るのでとても便利です。自宅に連絡なども無いので、妻にもばれず安心して利用する事が出来ますからね。

 

ただ注意しないといけない事は、借りすぎる事です。ついつい多く借りてしまい、返済の時に困ってしまう事があります。もし返済が遅れると、自宅に連絡が入る可能性もあるので、そうなれば妻にもばれてしまいますからね。

 

お金を借りる時は、返済の事を一番に考えて借りるように気を付けています。

更新履歴